季刊誌 樂(らく)ra-ku 36号 私の長崎 あのころ私たちは子どもだった(2017)

raku36

季刊誌 樂(らく)ra-ku 36号 私の長崎 あのころ私たちは子どもだった(2017)

(raku36)

特集
あの日、あの頃の長崎をお話いたします。内田美代子、七十六歳。
豊かな茂木に生まれて。
矢上をめぐる記憶
佐世保では馴染みのなかった手焼きせんべい 戦後のまちでやってきました。
幼なじみが語り合う子ども会と昭和の遊び

追悼企画
絵本作家・太田大八の軌跡

raku column
ドクター米山のココロと脳のはなし 第28回
旅の会話と脳 文=米山公啓

「NANG-ASAKI」妄想散歩 第26回
復興期の長崎の歌 文=高浪慶太郎

曇り時々希望的 第20回
苦節48年 文=城尾忠明

ARTS’CRAFTS素敵なもの語り 第25回
釜山より海峡を越えて伝来の水指は砂糖壺となる 文=石尾眞智子

ふるさとは遠きにありて…31
長崎弁とフランス語 文=陣野俊史

ペコロスのタイムマシーン31
うっかりはげ 僕はいかにして禿げたか 文と絵=岡野雄一

長崎「ひと」物語 第15回
レストラン「銀嶺」を長崎名所にした橋本磯吉さん 文=大田由紀

客船からの世界中継 第25回
妻をねぎらい、熟年夫婦の距離を近づける魔法の船 文=藤原暢子

raku special presents
おばあちゃんの長崎ごはん《夏》
夏大根の味噌漬け、真魚鰹の味噌焼き、地獄炊きそうめん
越中哲也です!ながさき歴史順旅30長崎学研究篇
戦後の長崎学を始めて 文=越中哲也

読み切り短編連作「ながさき奇譚」第三十三回
金色の眼のふくろう 文=青来有一

regular contents
樂右衛門が往く 第四回
山のサンタ・マリア教会(八百屋町通り)〜トードス・オス・サントス教会(春徳寺)
ながさきの宝 第十七回
長崎べっ甲
自転車で坂の町を往く 新長崎案内。 Vol.9
グリーンが広がる東彼杵の茶畑へ。
心に刻まれた風景5ナガサキ・メモリー
伊良林小学校

樂逸品 第31回
リンゴンの焼き菓子

2017_raku_36
在庫状態 : 在庫有り
¥1,000 ¥1,000(税別)
数量