季刊誌 樂(らく)ra-ku 48号 長崎が奏でる音 (2020)

raku048
raku048 raku048 raku048 raku048 raku048 raku048 raku048 raku048

季刊誌 樂(らく)ra-ku 48号 長崎が奏でる音 (2020)

(raku048)

今回の特集は、私たちのまわりに溢れている「音」に注目いたしました。人物インタビュー、工芸品の復元、長崎居留地の思い出などさまざまなテーマについて綴った文章と写真を通して、長崎の街が奏でる音に心を傾けてみてはいかがでしょうか。

 

特集

風を呼ぶ長崎風鈴

デンスケ担いでいざ町へ

長崎居留地 失われた音を探して
~田川憲の版画と文章より~

「長崎の歌」をあつめて

林田英昭さんに学ぶ 長崎の音風景の楽しみ方

寄稿|すり鉢に、たっぷりと。 文=下妻みどり

 

regular contents

ながさきの宝 第二十九回

永井隆という生き方 ~如己堂と長崎市永井隆記念館~

 

raku column

ドクター米山のココロと脳のはなし 第40回

だまされる脳 文=米山公啓

 

「NANG-ASAKI」妄想散歩 第38回

史上最大のコーラス・グループ 文=髙浪慶太郎

 

曇り時々希望的 第32回

君の口元に出会える日 文=城尾忠明

 

ARTS'CRAFTS素敵なもの語り 第37回

郷愁のプラハから ボヘミアン・グラスの残り香 文=石尾眞智子

 

ペコロスのタイムマシーン43

前向きな妖怪たち
アマビエと夜声八丁とミツエさんの三密な関係 文=岡野雄一

 

客船からの世界中継 第37回

思い返すクルーのやさしさと 港町・長崎のしなやかな強さ 文=藤原暢子

 

raku special presents

おばあちゃんの長崎ごはん《夏》

茄子の生姜焼き 、夏野菜のピクルス、手作り餃子

 

ふるさとは遠きにありて㊲

人生を変えた街ニューヨーク 後編 文と写真=西村沙羊子

 

心に刻まれた風景 ナガサキ・メモリー⑥

江崎べっ甲店

 

続・新キリシタン紀行 明治宣教師がつないだ精神 スピンオフ

明治宣教師を導いた 日本布教の先駆者たち 文=小川寿子

 

知られざる、長崎国際交流史 第八回

ヨルダン夫人と 西洋音楽の普及 文=ブライアン・バークガフニ

 

読み切り短編連作「ながさき奇譚」第四十五回

お客さまは神さま 文=青来有一

在庫状態 : 在庫有り
¥1,000(税別)
数量